浪漫飛行

やっと雨が止んだかと思えば、風が強く吹き荒れる。
そんな悪天候続きで鷹の調教が思うように進まず四苦八苦しています。

そんな風をうまく利用してかっこいい飛びを見せてくれるのは、やはりハヤブサです。
風を切り、上昇気流に乗って、大空に円を描く…。

手元を離れた瞬間から、風に翼を預けてしまったハヤブサが
また手元へ戻る保障はありません。

ラジコン飛行機のように旋回するハヤブサが
制御不能になって遥か彼方へ飛んで行ってしまう事は、決して珍しい事ではありません。

背中に付けているのは発信機。

リスクを承知で大空に鳥を放すのは、そのスリル以上に感動が大きいからなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です