形のないもの

 ロングイベントもやっと終了いたしました。

 長かったようであっという間でもあった18日間でした。

 夏休みということもあって子供連れが多いイベントでしたが

 感想としては

 生き物を飼育する楽しさを知らない子供たちが多くなってしまったような、
 ちょっと寂しい気がしました。

 昆虫ゲームの影響もあって、外産の珍しい昆虫の名前はやたらと知っているこどもたちですが

 欲しがるのはそのフィギアであったりゲーム感覚のものであったり

 生きている虫が目の前にあるのに、見ていない子供も多かったのはとても残念でした。

 お土産を物色するご両親方から連発して聞こえてくる「生き物はダメよ」の声

  「そんなのどうせすぐ死ぬから」

 と口々に言う大人たちに言いたいです。

  死なせないようにいろいろ考えて飼育するからこそ、楽しいもので
  死んでしまって悲しいから学ぶ、命の大切さなのです。

 死んでしまって何も残らないにしては、金額が高いとかそんなものではないと思いますが・・・。

  なるほど。こんなものか・・・とため息の中

 初めて触る蛇の意外な美しさに魅了される方々の反応にホッとしました。

 サバクコノハズクに一目ぼれして、連れて帰りたいけど親の許可がもらえず、
 涙を浮かべながらいつまでもいつまでもそっと影から見ていた少年もいましたね。

 こんなに想ってくれる人に飼ってもらえたら、きっとこの子も幸せなんでしょうね。
 いつの日か良いめぐり合わせがあればよいですね。

 そんな方たちの出会いのお手伝いができればうれしく思います。

  次のイベント情報

     10月11日(土)12日(日)13日(祝)
  インテックス大阪で開催される ペット博2008 に出展いたします。

   次回はそちらでお会いしましょう~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です