巨大なまずと暮らすには・・・

 動物好きな人はたいがい

 子供の頃に動物図鑑を見過ぎてボロボロにしてしまった という過去があるそうですが

 私もまちがいなくそのタイプで、

 いつも学研の図鑑シリーズの「動物」ばかりを眺めては

 「大きくなったらどんな動物を飼おうか」というようなことばかり考えていました。

 ペットの飼い方と題する本はすべて買いつくし、

 獣医になりたいと思っていた頃には獣医学書まで買いあさって

 自分なりにまとめたノートを作ってみたり
 
 あのころのバイタリティーが今、欲しい・・・などと思いますが。(笑)

 中学生くらいの頃、アクアマガジンという雑誌の別冊で

 ビックキャット特集というのを見て、突然なまずに恋した私。

 雑誌に載っていたなまずは、当時私の飼育していた日本なまずよりも

 はるかに大きくてとっても迫力満点でかっこよくてかわいくて。。。

 なまずといえばやっぱりレッドテールキャット。

 例外なくその魅力に惹かれた私はレッドテールを飼おうとこころみるのですが

 当時の住環境で私に与えられたスペース上では

 レッドテールに与えられるスペースは学習机の上のみ。

 90cm水槽なら置ける!外部濾過は足元に置いてぇ~などと考え、
 
 無謀にも熱帯魚屋さんへ買いに行きました。

 でも、勉強スペースをなまずで埋め尽くそうとしている子供の将来を悲観してか

 熱帯魚屋のおじさんは巨大になるレッドテールの飼育の難しさを強く語って

 私を説得して帰した?のでした。

 レッドテールキャットはそう簡単には手を出せない、
 
 神の領域の魚なんだ と信じた私は

 「大人になったらいつの日か飼う動物リスト」にレッドテールを入れ飼育を断念したのでした

 そして今、目の前にレッドテールがいる。。。*^^*

 決して私のではないのですが

 こっそり名前をつけてエサをあげ続けている。

 はやく巨大になぁれ~♪

 突然巨大化しても怒こらないで下さいね。SCIENCEサン(笑)

 *******************************************

  アニマルプランニング H.P     http://www.animal-planning.com

  ショッピングカート         http://sf-japan.ocnk.net/product-group/3

 
  動物プロダクション業務提携会社 有限会社サイエンス・ファクトリー H.P はコチラ
                    http://www.sf-japan.net/top.html
   

 *******************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です