ネコアレルギーを正しく理解しよう!

 
 花粉症のつらい季節ですねぇ~
 とはいえ、私は今のところ?花粉症は無いので平気なのですが
 皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ネコアレルギーについてご質問を頂きましたので
今日はちょっとアレルギーについてのお話しをしたいと思います。

 
  ネコアレルギーの原因は、毛だと思っておられる方が多いかと思いますが、
  実はネコの皮脂腺、フケや唾液中のたんぱく質が原因と言われています。

  ネコが体を舐めた際に唾液が毛につき、
  その体にに直接触れることや、 唾液がついた毛が抜け毛となり部屋に舞い散り、
  ごく小さな微粒子を体内に吸収することで、アレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

  さらに、アレルギーには、精神的な要因から症状を引き起こしてしまう場合もあって、
  自分はネコアレルギーであると分かっただけで、ネコを見ると症状が出たり、
  神経過敏になってしまうことも考えられます。
  特にネコ嫌いの人は、たちまち症状が出てしまうということもあり得ますね~。

  ネコアレルギーのアレルゲンは、検査に単独で現れることは少なくて、
  多くはダニやホコリなどのハウスダストと複合的に見つかってます。

   ネコアレルギーだと思って必要以上に生き物を避けていても
  本当はハウスダストなど身近なものの方が強いアレルギー要因を持っているかもしれないですよね。
   
   

  ネコのフケは非常に細かく、空気中に飛びやすいのですが、
  しっかりと手入れをすることによってある程度は抑えることができますし、
  また、こまめに掃除をすることで、
  ネコだけでなく、ダニやホコリなどのハウスダストに対しての対策にもなります。

   
  アレルギーの原因は、人間の体に異物(アレルゲン、抗原)が入ったり触れたりした時、
  普通は異物を排除してくれるはずの免疫機能が、何らかの異常をおこしていて
  異物を排除しようとする物質(抗体)が必要以上に生成され、
  その結果炎症などを起しまうのがアレルギーです。

  子供が産まれるからといって、今まで家族の一員として育ててきたペットを
  急に手放す方がいらっしゃいますが
  
  完全に切り離して考えるよりも、小さなうちから触れ合っておくことにより強い免疫ができる
  という良い結果も出ています。

  アレルギーは、体調や精神の不安定からも症状が悪化すると考えられます。
  ストレスを少なくし、十分な睡眠をとって、
  バランスの良い食事をとることが改善への近道でしょう。
  
  特に食生活の乱れは、免疫システムを崩す原因になるため、
  免疫力を高める効果のある栄養素を食品から摂るよう心掛けると良いですね。

  みなさんもアレルギーに対して正しい知識を身につけることにより、
  その対策と動物との正しい付き合い方について考えてみてください。

画像は・・・カナダ出身のアーティスト グレゴリー・コルベールの作品より
       動物と人との距離感を実写で映し出された、心にジンとくるアーティストです。

     

アニマルプランニングH.P  http://www.animal-planning.com

  ショッピングカート     http://sf-japan.ocnk.net/product-group/3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です