夢への扉

 
とても素敵な贈り物が届きました。
 
イベントに参加してくれたこどもたちからのお手紙です。
 
中には「もるもっとさんへ」「ひよこさんへ」と動物たちに宛てられたものもあり
楽しかったエピソードやお礼の言葉、可愛らしい絵なんかが沢山添えられていました。
 
また来てほしい。と書かれていたのが何よりの嬉しい言葉です。
 
 
 
動物たちとのふれあいは、子どもたちにとって
どんな思い出と残ったのでしょうか。
 
何度も蛇を首に巻きたがって離さない、小さな女の子もいました。
「大きくなったらここに住む!」(うちに就職したいってこと?)
と何度も嬉しそうに言っていました。
 
その様子をみて、今度はもう少し大きいお兄ちゃんが
「僕も動物の仕事しようかなぁ~でも車も好きだしなぁ~」
なぁんて真剣に考え込んでいる場面もありました。
 
 
幼いころみた移動動物園。
 
そんな記憶が、子どもたちが将来描く夢のきっかけとなる
なんてこともあるのかもしれない。
 
そう思うと、とても楽しくなってきます。
 
子どもたちが夢を見られるようなお仕事をしていけるように
これからもますます頑張っていきたい!
そう思いました。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です