なまずの歌

 
 今日もまたまた、なまずのお話し。

 

 「ぽっぺん先生と帰らずの沼」というアニメをご存知の方はいるでしょうか?

 沼でお弁当を食べていたぽっぺん先生が、

 ウスバカゲロウを追いかけているうちに、いつのまにか自分がカゲロウになってしまう。

 カゲロウになったぽっぺん先生は、魚に食べられてしまい、

 今度は魚になってしまう。

 そして、その次はカワセミに食べられ、カワセミに…。 

 そして イタチに・・・。

 次々と食べられ、食べた動物に姿が変わっていく…。

 生き物はみな命がけで一所懸命に生き、生きるために他の命を奪い、
 食物連鎖により命が受け継がれていく・・・
 
 というお話し。

 この物語の中で、沼に沈んでいる粗大ごみを、文化遺産だといって集めているナマズが
 
 ほんの脇役で、出てくるのですが

 
 幼少期に一度だけ見た

 そのナマズの歌がいまだ頭から離れない。

  
  「ブンカブ~ンカ♪我らのな~か~ま~ぁ♪」

 

  画像は・・・ アルビノヨーロッパオオナマズのブンカ君

   成長すると2m以上、最大4mとも5mとも言われる巨大ナマズで
   数々の人食い伝説もあるらしい。
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です