換羽期の過し方

 
換羽シーズンに入り、鳥たちの羽がどんどん抜けだしました。
ホコリっぽくて大変な時期になりますが
去年傷んだ羽もすべてツルツルの綺麗な新しい羽に生え変わるので
楽しみな時期でもあります。
羽の成長は、どんな食事をしているか
どんな環境で飼育されているか、などが大きく影響します。
新しい羽が生えてくる期間中に、過度のストレスがかかると
綺麗な羽が生えにくくなります。
「ストレスマーク」と呼ばれる傷のような白い線が
羽に入ってしまうことがあります。
そしてその線は次に生え変わるまでずっと消えずに残ります。
また、生えてきている途中で成長が止まってしまい
1本だけ中途半端に短いままになってしまうこともあります。
綺麗な羽を生やすためには
栄養あるエサをたっぷりあげること
ストレスをかけないことなどが重要なのです。
換羽の終わった頃にピカピカの綺麗な状態になっていると
上手に飼ってあげられているという証しにもなりますね。
鷹の調教が始まる冬場に
尾羽が生えそろっていないと大変です。
フリーフライトさせた時に居場所を知るための
鈴と発信機は尾羽に取り付けてるので
これがつけられなくなります。
いずれにせよ換羽は、とっても悩ましいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です