大人になりたくない蛇のお話し

グリーンパイソンは木の上で生活する蛇です。
独特の態勢でとぐろを巻き、じっと動かず
獲物が近づくのを待ち続けます。
子供の時は赤か黄色です。
成長するにつれて徐々に緑色に変化します。
これは小さい時にエサとなるトカゲやヤモリなどを
地面に近い低い位置で待ち伏せるため
子供の頃は落ち葉に擬態した体色で
小鳥を食べられる大きさに成長すれば
葉に擬態するため緑に変化していくのではないか
と言われています。
「ヘビのヴェルディ君」という
グリーンパイソンを主人公とした絵本をご紹介します。
ヴェルディ君はまったく動かない緑色の大人たちのようには
なりたくないと、大人になることを拒み続けます。
それでも自然と徐々に緑色になっていく自分の体に泥を塗り
必死でごまかすのですが、泥が乾いて剥がれ落ちた後には
更に緑になっている自分がいます。
わんぱくなヴェルディ君に大人たちは
「そんなことをしていたら、木の枝で目をついてしまいますよ」
と忠告するのですが、無視して何度か痛い目にあい
草木に絡まって身動きがとれなくなってしまいます。
じっと動かず周りを見てみると
今まで見えていなかった景色に気がつき、感動したり
新しい発見があります。
そんな自分をふと見ると、すっかり体は緑になっていました。
というお話しです。
外国の絵本らしいかわいいお話しです。
赤色の頃の好奇心、探究心をもったままの
判断力のある緑色の大人に私は、なりたいです。^^;
ヘビのヴェルディくん Janell Cannon (原著),
アニマルプランニング
http://www.animal-planning.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です