オススメのフクロウ ~中級者編~

blog_import_50d549b2d80ac.jpg
 今日はちょっと中級者向きのフクロウをご紹介します。
■Bubo scandiacus.
■Snowy Owl
■シロフクロウ
◆成鳥時の平均サイズ◆ 52-66cm
◆成鳥時の平均体重◆ 700-2950g
ハリーポッターで一躍有名になったシロフクロウです。
真っ白な羽と大きな黄色の目はとっても綺麗で一際目を引きますね。
シロフクロウはすべてが純白という訳ではなくて
メスは白い体に黒い斑点や縞模様が入ります。
オスも幼鳥の頃は黒い斑がありますが
成長につれ薄くなり全身が白っぽくなります。
 
体の大きさもメスの方がかなり大きくなるので、フクロウの中では珍しく
外見から容易に雌雄の区別をつけることができるんです。
フクロウというと夜行性のイメージがありますが、
シロフクロウはフクロウの中では珍しく主に昼間活動します。
 
これはシロフクロウ棲んでいる北極圏では夏の間
白夜と呼ばれる一日中日が沈まない時期があるため
夜でなく昼間に狩りなどを行うように進化したためだと考えられています。
暑さには苦手で、日が昇って気温が上がってくると
口を開けてハアハア息をしたり、羽を広げて温度を調節したりします。
 
飼育する際は、夏場の高温対策には特に気をつけなければいけません。
風通しを良くした場所で飼育してあげる必要があります。
体が大きいので力も強いです。
そのパワーに負けずきちんと扱える方
温度管理がしっかりできる方に飼って頂たい種類です。
国内でも繁殖が行われていますし
海外で繁殖された若鳥を入手することも可能です。
アニマルプランニング 
  H.P http://www.animal-planning.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です