犬と銃声

本日は晴天。絶好の訓練日和です。
シェパードのキースを連れて銃声テスト訓練のため山中へ入りました。
警察犬服従訓練第一科目取得を目指しての訓練です。 
訓練メニューは以下の通り。
1.高所通過 
2.高所立止
3.置き持来
4.紐無し脚側歩行
5.停座及び招呼
6.伏臥及び招呼
7.立止
8.物品持来
9.障害飛越
10.休止
11.銃声及び対人態度
銃声訓練は街中では流石に出来ないので人目につかない山中で行います。
もちろん競技用の音だけ出るタイプのピストルです。^^
聞きなれない大きな音に
キースはどうしても私を心配して駆けつけてしまいます。
やっぱりキースは頼りになるなぁと内心は感動しながらも
命令違反を怒らないといけません。
動くなって言ったでしょ。
怒るときは本気で怒る。
中途半端な気持ちで怒ると絶対伝わりません。
キースに手をあげたことはないけれど
怒ったらあまりにも凹むので、こっちが気を使います。
酷い時には失禁して腰を抜かしてしまいます。
鼻を鳴らして足元に伏せ、頭をこすりつけ
必死で誤り、許してもらおうとするのです。
人よりも遥かに力の強い大型犬が
暴力に怯えるのではなく、ただ嫌われたくないという恐怖に怯える。
そんな姿を見ると、抱きしめてあげたくなってしまいます。
グッと我慢して、無視をしなければいけない。
犬にとって一番辛い罰。
私にとっても一番辛いんだ。。。
本当にまっすぐな生き物だから、犬の訓練は涙が出ちゃいます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です