隼とハヤブサ

スズキフェスタ2007「NEWモデル試乗会」
での猛禽ブースの出展 大変ご好評頂ましてありがとうございました。
多くの方に喜んで頂けましたようで大変嬉しく思います。

事前告知無しのサプライズでしたので
バイクのイベントで何故猛禽?!
と驚かれた方も多かったと思います。

一般家庭で猛禽が飼育できるということさえ
ご存知なかった方もいらっしゃったと思いますが
新たな関心や興味をもって頂けたのではないでしょうか。

美とスピードへの憧れ。

バイクと猛禽は類似する「かっこよさ」があると思います。

特にスズキが誇る究極のスポーツマシン「隼」は
時速300km/hで飛ぶことができ、食物連鎖の頂点に君臨する猛禽類
ハヤブサから名称をつけたもので、
究極を目指し生み出された個性的なデザインと公道での頂点を目指した走り
はユーザーのロマンを徹底追及したものです。

そんな隼を乗りこなすことと、ハヤブサを飼いこなすことは
ある種通ずるロマンともいえるのではないでしょうか。

隼のライダーの方には実物を間近で見て触れることのできた感動は大きかったようです。
本物のハヤブサを見ることにより、自分の愛車の名前の由来を再認識し、
愛車に対する愛着もさらに増したのではないでしょうか。

また各地でイベントを予定しています。
ご覧になられたいという方はこちらのブログをチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です