桜吹雪と乱舞

今日はアニプラメンバーと鷹のセッションフライトの練習。
桜吹雪舞う中、2羽のハリスホークが乱舞し とても綺麗でした。
メンバーの愛鷹「ツナデ」は クールな神羅と違って
甘えんぼで常に食いしんぼ。
食べられそうなものをずっと物色しています。(^^)
 ツナデ、桜の花は食べれないよ。(笑)
同じ種の鳥でも性格が色々あって面白いですね。
ツナデは1歳にも満たないので
まだ「上手な飛び方」を知らないみたい。
バタバタと羽ばたきながら、ぎこちない飛行を繰り返しています。
2歳になる神羅は、誘うように何度もツナデの横へ舞い降ります。
ツナデも神羅を必死で追いかけるうちに
いつのまにか距離が飛べるようになり
自然に高い所へも止まれるようになっていました。
 木の枝の上手な止まり方
 障害物を避けながらの飛行
 高い所からの急降下の仕方
教わることは多いみたいです。
どんどん上手くなっていきます。
人は飛び方まで教えてあげられないものね。。。
鳥同士で会話をしているかのように、神羅の動きをまねするツナデ。
何を話しているのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です