夏の締めくくり

 
慌ただしかった夏期イベントもすべて終了しました。

期間中、イベントの様子をお伝えしようと思っていたのですが
バタバタしてしまい、結局一度もご紹介できませんでした。
ごめんなさい。

 
出張していた動物たちと共に遠征スタッフもようやく帰社致しました。

荒れ果てた社内が、大阪組の忙しさを物語っていたのかどうかはわかりませんが
一回り大きくなって帰って来た遠征スタッフに
大阪組は厳しく怒られ社内にピリピリした空気が立ち込めます。

 
うちのスタッフは皆とても真面目でよく働きます。

一般企業ならきっと優秀な人材と言えるでしょう。

 
でも動物のプロとしては半人前以下、まだまだ修行が必要だと私は言います
 
 
就職難の時代のせいか、就職希望の問い合わせは毎日のように来ます。
 
私は先に、うちの会社は他より厳しいですよ。と答えます。
 
命を預かる仕事だから。
中途半端な仲間はいらない。
本当のプロ集団でありたいから。
 
 
 
夏を終え、昨日は反省会をしました。
 
まず必要なのは、豊富な知識でも技術でもない。
 
生き物を見る目線や気配りです。
 
 
皆それぞれ色々なものを抱え、得意不得意あるけれど
生き物に対する熱意だけは誰にも負けないと胸を張って言ってほしい。
 
どんなに忙しくても生き物に対してはまっすぐ向き合ってほしい。
 
失敗は経験として深く胸に刻んでほしい。
 
 
そんなことを延々話し合いながら
自分の目指す目標、夢をちゃんと追いかけているか
再確認し合いました。
 
 
褒めることは思い切り褒め
叱るべきことはしっかり叱る
 
簡単なようで難しい
 
皆にちゃんと届いたかな?
 
 
もうこれ以上小言は言うまいと思い
打ち上げはカラオケボックスで飲み放題コースにしました。

みんな弾けろ~
!って歌に合わせてノリノリで横揺れしてたら

まさかの私が酔いが回ってしまった。ヤバイヤバイ。

はぁ…まだまだ若い子には負けられないんだけどな。
 
 
画像は夏の期間中見たダブルレインボー。
二つの虹が重なっているのが分かりますか?
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です